FC2ブログ
 
眼底カメラ ポラロイド


ポラロイドカメラのフィルムが
少し前に、生産中止になりました。
うちの病院でも
ポラロイドに頼っていた
眼底カメラ。

ヒトようのものを工夫して使ってました。

CIMG0864.jpg
固定式の無散瞳眼底カメラ

CIMG0155.jpg
手持ちの無散瞳眼底カメラ

どちらもポラロイドを使うタイプです。
ヒトですと無散瞳でも良いかと思いますが、
イヌもネコも散瞳させて
撮影します。
周辺部まで見えるようにです。
でもイヌをヒトの条件で撮影すると
光量が多くて真っ白です。
ネコはもっと真っ白です。

そこで、ポラロイドの名機SX-70用の
感度の低いフィルムを使って撮影します。
kanna.jpgカンナの眼底
satuki.jpgサツキの眼底
kisaragi.jpgそして如月!?
ピントや位置の調節には
赤外線を使うので、
まぶしくなく動物もいやがりません。
ただし、、、フラッシュには
びっくりします。

この様にして撮影していましたが、
SX-70のフィルムが
生産中止に、、、

この事態を乗り切るために、
通常の600フィルムに
NDフィルターをとりつけての
撮影。
CIMG0941.jpg
普通のカメラで、
光量を落として、
シャッター速度を遅くするためのものです。

しかしこれで撮影すると
kannna-nd.jpg
この様にリングがでてしまいます、、、

しばらくはこれで撮影、記録していたのですが、
ついに、600のポラロイドも
ことし生産中止に、、、
まだ手に入るところもありますが、
厳しい状況です。

この眼底カメラたちは、
使っていただけるところへ
お嫁に行きました。

そろそろデジタルをと
動物用の眼底カメラ
を借りてみましたが、
一昔前のデジカメで、、、
シャッター速度は遅いし、
ピントの深度もしっかりしなくて、、、
しかも散瞳タイプでまぶしいし、
動く動物をきれいに撮るには、
私の撮影技術ではだめかと。

しばらくは、眼底の様子を
お見せできないことと
なりました。

でも、ちゃんと眼底の観察は
できます、ご心配なく。
記録は手書きでお絵かきです。










2008⁄11⁄12 20:30 カテゴリー:動物病院でつかうもの comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ


カテゴリー




ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


リンク


▲pagetop



Copyright © 2019 loco pet clinic. All Rights Reserved.